ヤバイ!バイト先にワキガ臭の人がやってきた!

ワキガ臭

自宅から少し離れた所で居酒屋でバイトをしています。休みの日にバイトするなら多少離れていても大丈夫なのですが、学校終わりにバイトするとなると帰りがすごい苦痛に感じます。
「自宅に近い所でバイトすればいいじゃん!?」と思いますが、時給がかなり良いので今のバイトは辞められないのです。だから自宅から少し離れた所でも頑張れる感じです。自宅から少し離れたと言っても電車で2,3個先の所です。自転車で行くとなると最低でも1時間以上はかかってしまいます。
人によっては「めちゃ遠いじゃん!?」と感じる人が もいますね。

 

つい先日の出来事が私にとって最悪の事件となり、ずっと私の悩みの種になったのです。私の所の居酒屋は学生さんが多いので、人の代わりが激しいのです。この前も先輩が卒業したのでバイトを辞める事になったので、新たに新しく人を補充したのです。その人が今回のキーパーソンとなるのです。

 

私の仕事は主にホール担当で接客業をしています。新しく入った人もホール担当になったので、バイト歴が長い私が育成担当に任命されたのです。最初のうちは何も気付かなかったのですが、お客さんが多く、忙しい日になるとある事に気付いたのです。

 

「ん!?何か臭うぞ!?」

 

お客さんから臭うのであれば、お客さんが帰ったらその臭いは消えるはずなのですが、全然消えなかったのです。私はその時は疑問に思っていたのです。他のホールメンバーにも厨房の人にも聞いたのですが、やっぱりみんな「臭う」と言っていたのです。

 

原因がわからないまま、数週間が経過したある日の事でした。臭いの原因がわかったのです。
それは、「新しく入った人から臭ったのです」
新人くんが出勤していない日は臭わなくて、新人くんが出勤の時は必ず臭ったのです。
まだそうと決まった訳ではないので疑うのは良くないと思ったのですが、新人くんがふと高い所にある棚に手を伸ばした時に「ツーンッ!」と刺激臭が来たのです。

 

「この臭いだ!!」
確定しました。彼です。

 

なぜこんなにも悩んでいるのかと言うと、厨房に一緒にいる時やすれ違った時に強烈な臭いを漂わせるのです。それに、今回私が育成担当なのである程度一緒にいなければならないのです。それが苦痛!
初めの頃は何とか我慢できたのですがもう限界!

 

多分、新人の彼は「わきが」っぽいのです。
わきが独特の酸っぱくてアンモニアみたいなツーンとした臭いがあるのです。それに、何かの話題の時に彼の耳垢が湿っている情報もゲットしたのでわきがの可能性は高いと言えます。これはもうスメハラですね。
臭いで周囲にハラスメントをするので困りました。スメハラのほとんどの人は自分では気付かないものなのです。何か脇の臭い対策を練らないとこっちがストレスを溜まっちゃいます。
今の所、対策としては彼にさりげなく「脇の臭いがあるとモテないからみんな対策は何かしているの?」みたいな事を言おうかなと考えています。自分が気づいていないのであれば、周りに迷惑をかけ続けてしまいます。それはもう嫌です。なので、もし自分が脇の臭いがくさいと気づいてくれたのであれば、周りに言う事もなく彼自身が独自に対策を考えて実行してくれると思うのです。それを期待して実行あるのみ!

 

参考記事:脇の臭いを解消させるならわき臭い.netで!

 

 

 

私の鼻がコンプレックス

鼻がコンプレックス

どんな人であれ何かしらのコンプレックスというものを抱いていると思います。
それは、精神的なコンプレックスであるかもしれませんし、身体的なコンプレックスかもしれません。
精神的なコンプレックスは目に見える形で分かるものではありませんが、身体的なコンプレックスだと目に見える形で分かります。

 

 

例えば、私のコンプレックスは「鼻」です。鼻と言えば、「団子鼻」や「鼻ぺちゃ」等といったコンプレックスがあると思います。
私の場合、「鷲鼻」であるのがその悩みとなります。
「鷲鼻」のイメージとして最初に思い浮かぶのは、一般的に「魔女」だと思われます。
理想的な鼻としては、「ギリシャ鼻」があります。「ギリシャ鼻」なら良かったのですが、「魔女のような鷲鼻」では、お世辞にもカッコイイとは言い難いものです。

 

 

子供の頃から「鼻筋が通ってる」という事は言われていたのですが、鏡で自分の横顔をよく観察してみると、「鼻筋が通っている」点より、やはり自分の悩みの種である「鷲鼻」に目が行くのです。
ですが、最近はそれほどそのコンプレックスについて考える事が無くなりつつあります。
それは、日本人の多くが恐らく憧れているであろう「西洋人の鼻」に近いと思い始めたからです。
日本人の鼻はどちらかと言えば低いうちに入ると思います。ですが、私のコンプレックスである「鷲鼻」は西洋人に多いと思っています。であれば、「ギリシャ鼻」でなくとも自信を持ってもいいのではないか?そう考えたからです。

 

 

何だか自慢話のようになってしましましたが、「この形、どうにかならないものか」と真剣に悩んでいた時期があって今に至る訳です。
そもそもこのコンプレックス、比較対象があるからこその悩みなんです。
では、比較対象がなければどうでしょう。それは、個性となり得ます。

 

 

人それぞれ、顔つきにも個性があります。顔のパーツもまたそうです。
その人自身が欠点だと思っているパーツも顔全体をよく観察してみると、実はバランスの良い造りになっていたりします。
ちょっと好みの異性がいるとします。飛び抜けて美男・美女ではなくても、その顔が好みだという場合、コンプレックスさえもチャームポイントに変えてしまうようなそのバランスの良さに惹かれるのではないかと思います。
こうして考えてみると自分のコンプレックスである「鷲鼻」もバランスの良い顔の造りとなる為の「重要なパーツ」と思え、ちょっぴり可愛く見えてきます。

 

 

中学の頃から脇の黒ずみがコンプレックス

脇の黒ずみがコンプレックス

私は中学の頃からずっと脇の黒ずみに悩んできました。
中学の頃は思春期の時期になっている為、ちょっとした事でもすぐにコンプレックスを抱くようになってしまうのです。鼻が低いのがコンプレックス。顔のニキビが数個あるだけでもコンプレックスを持つようになっていました。
それくら、ちょっとした事でもすぐコンプレックスを持つようになってしまったのです。今思えば、10代の頃は男子にモテたくて完璧な女性を演じたかったのだと思います。今でもその思いはあるのですが、少しは妥協している部分もあります。

 

そんなちょっとした事でもコンプレックスを感じてしまう私ですが、中でも特に嫌だったのが脇の黒ずみでした。元々、遺伝の影響で体毛が濃くなっていて毎回、脇の毛をカミソリなどで剃ってばかりでした。体毛が濃いとそれだけ量も多いので、臭いもすごかったです。臭いも嫌だったのですが、脇毛を剃ってしまえばある程度は臭いも消えて、気にならなくなっていたので、黒ずみよりは気にならなかったです。

 

もう夏のシーズンに入るのでとても憂鬱でしょうがないです。
可愛いビキニを着れないどころかずっと脇が隠れる長袖のアウターとか来て隠していたのです。でも、やっぱり20代にもなれば可愛いビキニとか来ていっぱい遊びたい年頃です。カッコイイ彼も捕まえたいし・・・。

 

と、言うわけでどうにか脇のコンプレックスの呪縛から解き放なたれないと思い、しっかりと黒ずみに対して向き合おうと思いました。

 

 

そもそも、脇の黒ずみの原因はメラニン色素の色素沈着と皮脂や角質の汚れなどによる毛穴の詰まりによるものです。

 

メラニン色素の色素沈着は、肌に何らかのダメージを与えると、メラノサイトという細胞が体の防衛反応によって起こるものなのです。

 

なので、脇の部分では洋服の摩擦だったり脇毛処理によるカミソリなどの物理刺激が多くなり、肌にダメージを蓄積していくのです。しかも、脇の皮膚はデリケートな部分なのです。

 

なぜなら、脇の部分は肌を守る為に他の毛よりも太くて長い毛が生えているからなのです。その為、メラニン色素も沈着しやすくなってしまっているのです。人によっては脇に刺激があるとすぐに黒ずみに変化してしまう人もいるようです。

 

これで原因はわかりました。

 

・メラニン色素の色素沈着
・皮脂や角質の汚れなどによる毛穴の詰まり

 

これらの原因を一つずつ取り除いていけば脇の黒ずみは解消されるかもしれません。

 

メラニン色素の色素沈着についてはターンオーバーを乱れさせない事が大切です。ターンオーバーが正常になっていれば、それだけ細胞も生まれ変わりも良くなるので色素が沈着してもすぐ角質となって外に出てっちゃいます。後は、脇がまだ気になるようであれば、脇の黒ずみ対策クリームなどを塗って黒ずみ発生のリスクを下げます。

 

毛穴の詰まりによる原因については、これはもうお風呂でしっかりと丁寧に洗うことを心がける。肌に優しいボディソープなどを使う。洗う際には刺激を無くして優しく。お風呂以外だと、汗や皮脂などで毛穴が詰まってしまう事が予想されます。特に夏場が危ないです。なので、定期的に汗を拭いて上げたりして汗や皮脂などを取り除いてあげる。

 

私の脇の黒ずみが解消されるように努力し続けたいと思います。継続は近道だと思います!

 

参考記事:脇の黒ずみを気にならなくするにはクレアフォート黒ずみ.bizで!